ニキビの予防に避けるべき食べ物とは?

ニキビ発生の原因となる食べ物

ニキビ予防のために気を付けたいのが食生活です。特に動物性脂肪・精製炭水化物はニキビを発生させる原因となります。動物性脂肪とは、動物の体内に蓄えられる脂肪のことで、例としては肉、バター、牛乳などの乳製品が挙げられます。これらの過剰摂取は余分な皮脂を増加させます。また、これらが多く含む飽和脂肪酸は、総合的な健康に影響を及ぼすと考えられていますので、量を控えるほうが良いでしょう。精製炭水化物とは、加工済みの炭水化物のことで、菓子パンや加工パスタ、スナック菓子などを含みます。これらはインスリンや炎症性ホルモンの分泌を促すことがあり、毛穴詰まりやニキビを進行させてしまう可能性があります。その他にも、香辛料やアルコールの摂りすぎなども気を付けましょう。

ニキビの改善に効く食べ物とは

次に、肌荒れの改善に役立つ食材・栄養素を紹介します。まず1つ目が魚です。青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は近年注目を集める栄養素のひとつで、食べる美容液とも呼ばれています。腸内環境を整え腎臓の働きをサポートするため、肌のターンオーバーを促し、ニキビ予防にも役立ちます。2つ目にオリーブオイルです。オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は人間の皮脂によく似た成分でできているため、刺激を与えることなく肌を保護してくれます。また、ビタミンやポリフェノールなど多くの美肌成分を含みますので、積極的に摂りたい食材です。また、ベリー類を中心とした果物や緑黄色野菜をバランスよく食べることも健康な肌を手に入れるために大切なことです。