ニキビの予防には十分な睡眠が必須!

睡眠がニキビ予防に必須な理由

睡眠は眠くなるから寝るというものや、心身を休めるだけの単純な行為ではありません。寝ている間に体は回復していきます。肌もその一つで、寝ている間に肌の免疫機能が回復していきます。肌の免疫機能はニキビや炎症など、肌トラブルを引き起こす原因を阻止する大切な機能です。睡眠不足に陥ると免疫機能が低下し、ニキビを始めとした肌トラブルが起こりやすくなります。しっかり睡眠をとることで、肌の免疫機能は自然とアップし、ニキビを予防することができます。外側からのケアも大切ですが、免疫機能をアップさせる体の内側からのケアも重要です。特に体の内側からのケアは目に見えるものではないので、十分に気を付けて行う必要があります。

予防だけでなくできてしまったニキビにも効果的

寝ている間に、体内では成長ホルモンという成分が多く分泌されます。この成長ホルモンは文字通り成長期の子どもの体の成長に必要不可欠なもので、成長期が終わった後は皮膚や骨などを新しく作り、健康に欠かせないものとなります。成長ホルモンは新しい肌を作り出す働きを持っています。最近が入り込みニキビができてしまった肌も、成長ホルモンの分泌で新しい肌に作り替えることができ、肌の内側からニキビ改善をすることができます。塗り薬などを使ってもなかなか治らなかったニキビでも、睡眠時間を十分に取ることで内側から改善することが可能です。もしなかなか治らないニキビで困っている場合、まずは毎日の睡眠時間を見直してみましょう。